category: 未分類
tags:

ひなといえば、ですが。

ついこないだより副業で輸入ビジネスを行うようになりまして。

輸入ビジネスのリサーチ方法なんかを日々調べる毎日です。


そもそもの話、転売ビジネスを行うのも初めてだったので
下準備というか下調べに非常に時間がかかったので
実際にやってみようと思ってからの実行までの時間が
1ヶ月近くかかってしまいました。


まぁおかげである程度は詳しくなれたような気も
しないでもないので、とりあえずは物を売り始めてみてます。


人気そうな商品を輸入したつもりだったのですが、
そう簡単には売れてくれないものですね。。


仕入れた後に知ったんですけど、ランキング推移の情報を
見るとかのノウハウもあるみたいで、毎日のように
試行錯誤しながら転売ビジネス、ひいては輸入ビジネスの
奥深さを味わっています。


副業ながら興味を持って始めたので、趣味みたいな感じで
苦痛はないんですよね。むしろ面白い。


承認欲求じゃないですけど、自分が出した商品が売れれば
やっぱ嬉しいじゃないですか。

慣れれば麻痺しそうな感覚でもありますけど、
一品売れれば飛び跳ねたくなるくらい嬉しいですし、
一気に二品なんて売れた日には歓喜のあまり
高い酒を買いに行きそうです。(まだ経験ないけど)



category: 未分類
tags:


もうすぐひな祭りですね。

ひな祭りになると我が家では娘が産まれて初節句から毎年お赤飯を炊いています。
お赤飯って難しそうとか面倒なイメージあるかと思いますが、
炊飯器で簡単に作れちゃうんです。

ささげを軽く洗って水に浸けます。今の時期なら3時間くらい浸けるといいです。
炊きたいお赤飯の量が5合ならうるち米(普段食べているお米)を1合、
もち米4合で作ります。うるち米を研ぎ、水気を切っておきます。
ここまでが下準備。

次にささげをコトコト一度煮立たせて水を取り替え豆が柔らかくなるまで茹でます。
うるち米にもち米を合わせて、そこに茹でたささげを入れ、
カップ5杯の煮汁と小さじ1から2の塩を入れて炊きます。
綺麗な鮮やかお赤飯を作るコツは煮汁を空気に触れさせることです。
煮汁をおたまですくい、高い位置からまた鍋に注いで戻す作業をしばらく繰り返します。
すると、その煮汁で炊いたお赤飯は鮮やかになります。

簡単に作れるので自分好みの塩加減や炊き具合でやってみると楽しいですよ。